スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチの巣!! 

庭でアリの巣の周りに「アリの巣コロリ」を撒いて
その運搬の様子を観察していると、
「オマエドンダケ暇ヤネン。夏休ミノ小学生カ」という声が。。。
じゃなくて、
ブぃーンと低い羽音が。。。
スズメバチの音です

探してみると、地面の排水枡に入っていく様子。
しばらくすると出て行って、また戻ってくる。
水飲みに来てるのでしょうか。

家に近いし常連になられては困る。退治してやる!
幸い出入り口は一箇所のみ。
フタの入口を板でふさぎ、隙間から殺虫剤をブシューっと。
5分置く。
板はずす。
ハチ飛んでいくびっくり
逃がしました。。。
0623ハチの巣1
ついでだから、排水枡の点検でもしようかとフタをズラすと。。。
コロリンと。
。。。
。。。
今度こそハチの巣!!!
フタにくっついていたのが落ちたようです。
あーびっくりした。
観察してるとお留守のようだったので、撤去。

0623ハチの巣外側は、やはり紙のようにカサっともろい。
コガタスズメバチかな??
今回は、長野の人ならおいしそ~♪
とか言いそうな幼虫も入ってました。
あー怖かった。
0623肉球
ぷにぷにの肉球でなんでもできると思ってるパグに1票!
関連記事

コメント

うわっむちむちの幼虫ですね~
ちびこさん虫嫌いなのに、勇敢に戦ってますね!
虫コナーズは役に立たないのかっ!残念な報告でした。
昔風の住所と名前書いて買うぶら下げる虫取り薬はどうでしょうか?
先週はお葬式で東京、明日から結婚式で東京です。東京の夜は明るすぎて
なかなか眠れなくなっている私と犬たちです。
  • [2009/06/24 00:23]
  • |
  • いもいも
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

やはり森の中で暮らしていると
こういう事件に遭遇するのですね…
怖いなぁ
ハチってどこにでも巣作りするんですね
  • [2009/06/24 11:31]
  • |
  • あちょう
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ちびこさん、スゴイ。
私ならプシュってやってる間に
もう一匹飛んできたらどうしよー!!
とか考えちゃって、とてもとてもその様なことはできませぬ(恐
素晴らしい。
立派だ。

私、虫がニガテだから肉球お借りしたいです。
  • [2009/06/26 13:44]
  • |
  • picolly*
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ありの巣観察をしている様子が想像できてしまって(笑)
私小学校時代アリの観察してました!

蜂の方は自分で退治したのですかーー
すごいわぁ
尊敬の気持ちが湧きあがってきました。
蜂の子は食べたことあります。人気みたいですよね。でも大人の蜂はダメ。羽音でも怖いです。。。
  • [2009/06/26 14:07]
  • |
  • カーカ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントありがとうございます!

>いもいもさん
虫との闘いは、まったく体力使ってないのに
精神的に疲れ果てます~
昔風の虫取り紙なんてあるんですね。
でも、際限なくとれそうで怖い。。。

東京-長野の往復、大変ですね。
最近、TVで渋谷の映像を見て「お祭りみたい」と思ってしまいました。
すっかり長野感覚^^;

>あちょうさん
この季節、木陰は涼しい風が吹き抜けて、
ほんとうに気持ちいいのですが、耳元でいろんな虫の羽音が。。。

こんなに広いんだから、人の通らない場所に
巣を作ってくれればいいのにねぇ。
徐々に虫との距離感、つかんでいこうと思います。

>picolly*さん
まるでとても冷静にさらっと退治したように書いてしまいましたが、
じつは半日かかってます^^;
どうしよーどうしよーってウロウロして。
プシュっとするまで1時間は観察したし。
ヒマがあるもので^^;

パグの肉球は、なーんの役にも立ちません。。。
ぷにぷに触って楽しめるだけです。

>カーカさん
アリの巣観察って、気持ち悪いけど面白いんですよねー
体よりでっかい餌を運ぶ姿なんて、たまりません。
って、オトナになってやることじゃないですけどね^^;

蜂の子食べたカーカさんこそ、尊敬です!
なんとなく想像できる食感がキモチワルイ。。。
  • [2009/06/28 16:08]
  • |
  • ユメノパグ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inakapagu.blog44.fc2.com/tb.php/361-92c4ec73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。