スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしの人付き合い 

ちびこ「おっちゃんは田舎暮らし向いてないと思う!」
また始まりました。
なんで?
「だって、人付き合い苦手やん。」
ちびこもやろ」
そうです。
夫婦は2人して他人と一定距離を置く傾向があります。

場所によって違いはあると思いますが、田舎には「組」なるものがあって、
役があったり、いろんな行事や、冠婚葬祭のお手伝い等々、
なんとも密接なお付き合いが必要とされるのではないかと想像します。

ということは、人付き合いが苦手な夫婦は、そこで結構なストレスを感じると思います。
同時に、地元の方に嫌な思いをさせてしまうかもしれません。

おっちゃん「わしは別荘地か、近所にまったく家のない山の中がいいと思う。」
ちびこ「うんー。ご近所がおらんのは寂しすぎるから、別荘地のほうがいいかな」


と、思う一方で、
昔ながらのお付き合いこそ、都会にはなくなってしまった田舎暮らしの醍醐味。
人との出会いで得るものは、本当にたくさんあると思います。
せっかくのその機会を逃してしまうのは、もったいないのではないか。
この機会に、距離の取り方を変えるのもいいかも、とも思います。

この件はまだ考え中です。
が、正直、別荘地のほうが向いていると思います。
というわけで、「別荘地」という選択肢がある場所に絞っていこうと思います。
20060220092552.jpg
↓おっちゃんに似てしまったパグに2票!↓
 
関連記事

コメント

お付き合いは

都会でも田舎でも近所とのお付き合いの基本姿勢は変りありません。本当に気が合えば深いお付き合いになるでしょうし、世間のしがらみだけでお付き合いすることもできます。
田舎でのお付き合いで「かなわんわ~」と思うのは、宗教、政治信条が無視されることです。逆に言うと、絶対的な信条がなければ(私は無いので気にしない)そんなに気に病むほどでもありません。むしろ氏神様や檀家寺ののお祭りで餅撒きなど、都会にない楽しみもあります。我が家などは、春のお祭りに拾ったお餅を冷凍保存して冬場の鍋料理に使っています(笑)。
政治的にも同様。地元推薦者が来訪されれば「頑張ってください」と挨拶はしますが、実際に投票するかしないかは本人の自由です。これは私だけではなく地元のお年寄りの口から聞いたことです。つまり、皆さん本音と建前を使い分けています。
道端の草刈やゴミ拾い、集会所の掃除など、共同作業はあります。これらはきちんと出席したほうが良いでしょう。作業の後の井戸端会議が重要なんです(笑)。このときもあまりでしゃばらず控えめに・・。
  • [2006/02/20 10:26]
  • |
  • awaji_aic
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

難しいよね。。。

ウチは、ここに決めたのは、この家を探していた時に話しかけた人が親切にここまで案内してくれたり、(今は同じ部落なのでよく話します♪)この家を管理していたお隣の家(良くブログに登場するお爺ちゃん・お婆ちゃん)の人柄に惚れて決めたようなものです。。。
実は主人も人付き合いがあまり好きじゃない。。。ホントは山の中の一軒家に住みたかったのですが、交通の便は悪いし、淋しすぎるって事で里山の部落生活を選んだんです。。。地域の人柄にも寄りますが、ウチの方はそんなに密接になることもないし、良い関係でいられるようです♪
部落の共同作業は結構楽しいですよ♪
色んな事教えれくれるし、オバチャンたちの手作りの美味しい郷土料理も出てきて一食分浮いちゃう感じですよ♪
家や土地を見に行くとき、地元の方と道を聞くくらいでも良いから話をする事をお勧めします♪短い会話にも人柄って表れますよぉ~♪
  • [2006/02/20 15:48]
  • |
  • ミント
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おっ。
また色々と考えてらっしゃいますね。
私、誰かが考えたり思ったりしたことを読んだり聞いたりするのが好きだったりします。

ところで、田舎での人付き合いって、
多分時間がかかるものだとわたくしは思いますです。
私は田舎にに戻ってきて、最初はやはり、
自分はここには合ってないんじゃないかと思ったこともありました。
が、些細なおすそ分けやおすそ分けられ(なぬ!)、
何気ない会話を繰り返しているうちに、
あまり社交的でない私でもなんとなく溶け込めるような気がしてきました。
土地にもよるかもしれませんが、
何事もあまり急がないのが一番じゃないかと思ったのでありました。(え
  • [2006/02/20 18:14]
  • |
  • Vesta
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

こればっかりは・・・

うーん。難しい問題ですね。
でも、こればっかりは住んでみないと判らないことが多いかもしれません。

私の集落の場合「組」に入るのは強制ではなく、昔から集落に住んでいる人でも組に入っていない人もいます。
ただ、ここに住んでいく以上、地域の人と繋がりがあった方がいいと思い、私たちは入りました。
組に入ると、年に3~4回の道の草刈り、ごみ収集場の掃除(交代制で年に3回)、葬儀の手伝いがあります。
ここの組だけですが、2年に1度の割合で旅行に行くことになっていて、昨年秋に参加しました。普段あまりお話しない人とも話が出来るし、昔の集落の事とか。。。楽しかったですよ♪
4~5年後にはダンナに組長になって欲しいと言われています。都会にいたと時も自治会などの役員を引き受けたこともあったし、田舎はもっと大変だと思うけど、ここに住む以上お互いに助け合わないといけないって思っています。
その他に任意で婦人会や檀家寺の行事などいろいろあるようですが、入っていないから参加していません。
私も人付き合いは得意でありませんが、最低限の行事には参加し、挨拶はこちらから必ずする。それだけでも、近所の人はとても親切にしてくれてダンナも私も満足しています。
  • [2006/02/21 11:24]
  • |
  • なつ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントありがとうございます!

>awaji_aicさん
餅撒きは楽しそうですね。そのおもちを食べると無病息災?
宗教や政治信条はないのですが、そこは押し付けられると辛いところです。。。
共同作業については、ちょっと不安な点があります。次の記事に書く予定ですので、またご意見頂けるとうれしく思います。

>ミントさん
おっちゃんは山の中の一軒家に住みたいようです。
ちびこは、ミントさんのお隣とのお付き合いをみて、いいなあと思い、集落で住むのもいいかも、と思っています。

土地の下見で地元の方と話すのは、少しでも雰囲気が分かってよさそうです。で、そこで出会った人によって、土地との縁が決まるかもしれないですね。
ミントさんはよいご縁があったようで、すてきです。

>Vestaさん
人間関係はゆっくりと。ですね。
今まで、近所付き合いをしたことがないので必要以上に不安になっているのかもしれません。
実は、今のお隣の方の顔も、おぼろげにしかわかりません。。。
ご近所の方と会う機会が増えれば、ささいな会話でも雰囲気がわかって、うちとけていくのかなと思います。

>なつさん
私達も、もし集落に住むなら、ある程度のお付き合いや、行事への参加等はする必要があると思います。
地元の方に不快な思いをさせるのも嫌です。
4~5年後には組長に、なんて、すごいですね。私達はずっと賃貸なこともあり、今まで自治会というものに関わったことがないので、その活動自体ナゾで不安なのです。。。
  • [2006/02/21 23:05]
  • |
  • ユメノパグ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://inakapagu.blog44.fc2.com/tb.php/35-27655778

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。