月別アーカイブ

 2013年07月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野の方言 

長野の代表的な方言といえば「ずく」
惜しまず働く力。という意味だそうで、
「ずくがある」ってのは働き者。「ずくがない」のは怠け者。
結構みんな気に入ってるらしく「cafeずくなし」「ずくショップ」などと
お店の名前なんかでも見かけます。

とはいえ、若い人は普段そんな言葉は使わず、
イントネーションも含めてほぼ標準語。

でもね、若い人でも方言と思わず使ってる言葉があるのですょ。

それが、「やだくて」
嫌だ。って意味です。
「もういやっ」って時は「やだくてー!」
おじさんが「もう、やだくなりましてね。」とか言うのでちょいかわいいです。

あと、会社から帰るときに「お先に失礼します。」って言うと、
「おやすみなさい。」って返ってきます。
夕方4時でも、6時でも、何時でも。
なんか和むので、私も積極的に使ってます。


ちなみに、外では標準語で、大阪出身とバレないちびこですが、
どうしても抜けない大阪弁があります。
それは、「なおす」
「修正する」って意味でも使うけど、「元の場所に戻す」って時も使うのです。

「この資料、なおしときますね」って言うと、
「え?どこか違ってた?」って聞き返されて、あ、しまった。と思うことたびたび。

0721まえで
「前で」「たたって」と、
長野の方言は、意味は分かるけど微妙なアレンジがきいてる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ最近あまちゃん見習って、
なまっていこうと思ってます。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。