月別アーカイブ

 2008年02月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設備の沼と薪ストーブ 

暖房の森を抜けると、そこには!!
。。。設備の沼がありましたしょんぼり
トイレやフロに始まり、水栓金具や照明、玄関ドアのノブにトイレの紙巻器まで。
どうでもいいけどどうでもよくない。
こだわりたいけどメンドクサイ。
機能と見た目と金額と。。。
ずっぽり設備の沼に嵌っている今日このごろ。

Bさん「設備は後で変更できるから。ま、気楽にね。
それより、薪ストーブ。オーダーするなら予約入れないと。」
オーダー。
今、薪ストーブ、オーダーって言いましたね。
実はBさん、今まで数件薪ストーブを入れていますが、7割オーダーなのです。

雑誌で見る、建築家住宅ちっくな、四角いストーブ。
見た目は、普通のクラシカルなストーブより、シンプルな四角い方が家に合ってる。
夫婦も、オーダーストーブの見た目は大好きです。
おまけのストーブなら、断然オーダー。
でも、薪ストーブのみの家なので、性能がかなり重要です。
金額的には、煙突込みでどちらも80万円程度。とのこと。。。

家造りは選択肢だらけで、優柔不断な夫婦にはけっこうツライ日々です。
どうしよっかな?
0229今ええとこ
雪食べ放題会場にて、飼い主を邪険に扱うパグにぽちっと1票。
スポンサーサイト

大きな森の小さな家 

懐かしい本を読みました。
大きな森の小さな家
「大草原の小さな家」が有名ですが、
その家族が、大草原に引っ越す前のお話です。

森しか見えない大きな森での暮らし。
冬の森は、雪と寒さでどうにもならないけど、
小さな家の中は暖炉であたたか。
父さんがシカやクマを狩ってきて、
母さんが燻製やチーズを作って、
夜は暖炉の前で、家族と犬とバイオリン。
雪が解けたら畑仕事で大忙し。

ちびこ「この本やったんや。」
なにがでしょうか。
「今長野におる理由。」

この本、ちびこが小学生の頃、クリスマスにもらった本です。
どこかに行ってしまって、ほとんど話は忘れていたのですが、
田舎暮らし志向が深層心理に刷り込まれたのではないかと。


ちなみに、唯一記憶に残っていたのはブタを肉にする時のエピソード。
子供は、ぼうこうとしっぽをもらえます。
ぼうこうは風船にして遊んで、しっぽは炙ってしゃぶる。
これがとっても楽しそう。
もっと良いエピソードはたくさんあるのに、なぜブタのしっぽ。。。

読んだことあるよって人は、想いだしながらぽちっと1票。

暖房の森 脱出! 

どんだけ引っぱるねん。
ってくらい迷いまくった暖房ですが、
ついに、森から脱出しました!!

結論:
薪ストーブのみ
ストーブから離れている脱衣所・寝室には、
将来、電気式パネルヒーターを付けられるように下地補強。

。。。最初と同じですね。
下地補強が付いただけ。

アドバイス下さった皆様、ありがとうございました!!
ぐるぐるぐぅるぐる考えた結果、最初に戻っちゃいました。てへ。
迷った結果、薪ストーブへの決意は固くなり、
「薪の準備やストーブの世話は、ちびこがします」という念書までとられましたしょんぼり

では、どうしてこういう結論に至ったか。
→2人とも「薪ストーブだけで24時間暖房」がいいと思っていた。
→が、薪の準備や日々の管理が大変そうで、腰が引けた。相当引けた。
→そこで、薪ストーブにまつわる一連の作業をキチンと想像してみた。
→さらに、女性1人暮らしで薪ストーブのお宅にお邪魔した。
→意外とイケそうな気がした。
世のお父さんが、休日に割る薪。
主婦なちびこが平日に割る薪。
なんかいけそうあ

さらに、
薪ストーブたるもの、きっちり暖房能力が欲しい。
蓄暖キレイに置く場所もないし。
余分なお金なんかないし。
ダメだったら、後からなんとでもなるさ~

と、最後ぐだぐだですが、薪ストーブのみ。です。
0219寒かったら
雪の中、テンション高いのは最初の10分だけのパグにぽちっと1票。

暖房の森 佳境 

ペレットストーブいいかも。
ということで、コメントで頂いた情報に従って、見に行ってきました。
長野県庁。2台。稼動中。

で、どうでしたか?
ちびこ「火の揺らめきがもひとつ。。。」
ペレットストーブもきれいな火が見えます。
が、薪ストーブとは違う火でした。
ちびこが求めているのは、あの薪ストーブの揺らめきなのです。

というわけで、やっぱり蓄暖vs薪ストーブ
そろそろ結論を出さなくては。

おっちゃん「やっぱり蓄暖がええと思うよ。」
ちびこ「ぜっっっったい薪ストーブ置きたいねんっ
こうなったら泣き落とし。
ずっと想ってきたことなので、置かないと後悔すること間違いなしです。
というか、いつか絶対置きます。

おっちゃん「薪割りとか、わしでけへんで」
だいじょぶ。ちびこがする。
「面倒全部ちびこが見んねんで。」
みるみる。
「。。。そこまで言うんやったら、置いたらええやん。」
やた♪

ということで、選択肢は3つ
①薪ストーブがメイン
②蓄熱式暖房がメイン+おまけの薪ストーブ
a.最初から両方置く
b.数年後に薪ストーブを追加する

いい加減決めなくてはいけません。
ふらふら遊んでる場合ではないのです~
0213お土産風船
んとね。暖房のこと考えながら灯明まつりに行ってきたのです。
この後、ふうせんさんがどんな目にあったか想像しながらぽちっと1票。

ペレットストーブを考える 

ここ1週間、本当に薪ストーブと蓄暖の間でココロが揺れ動いています。
それはもう、1時間ごとくらいに^^;

まったく決着がつきそうにないので、新しい選択肢を求めて、
コメントでもオススメ頂いたペレットストーブについて考えてみます。

ペレットストーブとはなにか。
木を粒状に固めた燃料=ペレットを燃やすストーブ。
本体の見た目は薪ストーブに近い。
火が見えるし、輻射熱で暖める。
しかも、点火や温度調節はスイッチ一つ。
灰は少なく、燃料の補充は1日1回程度。
ファン付き、タイマー機能付きもあり。

最大のデメリットは、ペレットの供給が不安定ということ。
これも最近は改善され、長野県では安定供給されているようです。

ま、つまりは、薪ストーブの最大の魅力=炎を維持しつつ、手間がかからない。
良いとこ取りのストーブですね。

おっちゃん「ほっほぅ。これいいやん。長野県から補助金もあるし♪」
うん。火、見えるのはいいよね。

で、肝心のランニングコスト。
とあるHPによると、ペレットの使用量は1時間=約1kg=42円(@長野)
24時間暖房が希望ですが、睡眠中は消すとして、1日17時間利用の場合、
42円×17時間×30日×5ヶ月=107,100円

蓄暖24時間が約7万円
薪ストーブつけっぱなしが約10万円(労働付き)
ランニングコスト的にも、いいとこ突いてきてます。
イニシャルコストも、薪ストーブの半額程度。

おっちゃん「これ、ほんまにええんちゃう??」
うん。確かにいい。
けど、なんかなぁ。。。
ちびこ「つまらんかも~」
0207ソフトエム
薪ストーブと蓄暖。迷うけど、あいだを取られるとそれもせつないソフトМゴコロにぽちっと1票。

薪ストーブを考える 

蓄暖派に寝返ったおっちゃんから、
「薪ストーブの何がそんなにええねん?」
という、根本的な質問が出たので、考えてみます。

・輻射熱で暖かい
おっちゃん「蓄暖の方が分散して置ける分、快適やと思うで。」
そうかも。
じゃあ、
・火を見て安らげる
・料理も楽しめる
・薪という自力で作った燃料で暖がとれる
・環境に優しいかも
えーと、うーんと、
ほかにはねー。。
。。。
以上。
つまり、ほぼ精神的なもので、完全に自己満足だとわかりました。

ちなみにデメリット
・薪の準備をちゃんとしないと、なんともならない
・ストーブ以外の物が必要(チェーンソー、薪小屋、薪割り機)
・メンテナンスが必要(薪の追加、窓拭き、灰取り、煙突掃除)

特に、薪の準備はかなりの重労働が予想されます。
しかも、以前にブログにも書きましたが、おっちゃんは腰が悪いのです。
ほんの少し動くのもツライ日があるほどに。
というわけで、薪の準備は全部ちびこ担当。←最大の不安要素しょんぼり

おっちゃん「重労働、ちゃんとできんの?大変なんわかってて自己満足を取るってこと?」
ちびこ「できる!まかして!なんとかなるって~!!!今日のちびこB型♪」
0201軽い感じ
人を疑うことを覚えたパグにぽちっと1票。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。