スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしのリクルート 応募した 

いわゆるIターンです。
思いつくリクルート方法は、ハローワーク(ハローワーク長野地方就職支援センター)、自治体等のIターン情報(Iターン信州)、人材紹介、Iターンフェア、でしょうか。

まずは、どれからいきましょう。
おっちゃん「めぼしい会社のHPに求人出てるから、直接応募する。」
ちびこ「えええー。。。同じ会社が人材紹介で出てるよ。こっちのほうが楽ちんやで?」
ちびこは以前、人材紹介で転職をしたことがあります。
面接の段取りや、直接聞きにくい質問や要望も代わりに伝えてくれるので、とても便利でした。

おっちゃん「人材紹介は会社がお金払わなあかんから、なんかいやや。
直接人事宛にメールするで。」

というわけで、1週間ほどかけて、
「私は長野に住みたいです。こういう仕事をしてきました。面接してください。」
という主旨のメールを作成しました。
推敲に次ぐ推敲の1週間。。。

おっちゃん「送るで送るで。ええな」

「えーい送信!」

ぽちっ
20060330092009.jpg
↓おっちゃんがんばれ!で1票!↓
 
スポンサーサイト

田舎暮らしの本「すまいとくらしのデータブック」 

図書館で、こんな冊子を見つけました。
20060327113844.jpg 「地方移転希望者のためのすまいとくらしのデータブック
 -長野県版」
(非売品)
 長野県以外にも、北海道や静岡等16県で出ているようです。
 内容は、
 ・市町村地図
 ・市町村別のIターン相談担当窓口、人口、地価、
  下水道普及率等のデータ
 ・教育、医療・福祉、住まいのテーマ別の市町村データ
 (幼稚園や高校,病院,小売店の数等)

じっくり見ると、なかなかおもしろいです。
が、データブックなので、データから何を読み取るかは自分しだい。
ちなみに夫婦が目指す長野市は広く、いろんな地域が含まれるため、
あまり参考になりませんでした。。。

この本、冒頭に「準備はいいですか?」として、現実的なことが、
すっきりと8項目まとめられていたのでご紹介します。
皆さんはいくつクリアしていますか?
私たちは、まだ3つ。。。

1.家族全員から移転に賛成の同意を得ましょう
2.移転を決めてから移住まで1年以上時間をとりましょう
3.1年間収入がなくても家族が生活できる蓄えが必要です
4.自動車免許は必ず取得してください
5.移転する前に転職先を確保しておきましょう
6.移転・転職先がきまったら住居探しを始めましょう
7.周囲の景観に合わせた外観の住居で暮らしましょう
8.地元に溶け込むための努力が必要です

↓写真のパグノテが気になった人は1票!↓
 

田舎暮らしの家庭菜園(を夢見てkitchen菜園) 

最近、春めいてきて、田舎暮らしの方たちは畑仕事に大忙しのご様子です。
「いいなあ。ちびこもベランダ菜園しよ。土買ってくる。」
春のうきうき電波を受信して、なにやらそわそわしています。

おっちゃん「ちょっと待て。早ければ半年以内に引越しするんやから、今はやめとき。」20060324231300.jpg
「それもそうか。じゃあ、kitchen菜園
スーパーで買ったネギと大根を水に挿したら成長しました。
すごい生命力です!

おっちゃん「貧乏くさい。。。
ただの節約主婦生活ですね。
ちびこ「違うもん。育ててる感じがいいの!」

「田舎暮らし始めたら、家庭菜園したいなあ。」
でも、ちびこには緑の手がありません。満足に植物を育てられたことがないのです。
ベランダ菜園に向いているという二十日大根は葉っぱだけが育ち、
観葉植物のベンジャミンの葉ははらはらと落ちています。。。
こんな人が家庭菜園などできるのでしょうか。

今から育て方とか勉強したほうがいいんじゃないですか?
ちびこ「ん。でもなんかいざとならなやる気せえへん。」
その性格が緑の手から遠ざけているのでは。
20060324230313.jpg
↓ミントティー飲みたいなあ と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしとミスタードーナツ 

20060322193440.jpg 本日のおやつ。
 Vestaさんブログの、「うちのおかあちゃんのケーキ」を作ってみました。
 準備は15分くらい。あとは焼くだけで、とっても簡単。
 なつかしうまーい感じです。
 次はあまっているジャムを入れて作ってみようと思います。
 ちびこ「やっぱお菓子も手作りがええな!」


20060322193451.jpg本日のおやつ。2。
ミスドですね。。。
手作りはどうしました?
ちびこ「なんか、無性に食べたくなって、買ってきた。
シナモンチョコレート!すきー!!
あ!長野にミスドなかったらどうしよう!」
店舗検索。
大丈夫です。駅前にあります。

ちびこ「じゃあ、ケンタッキーは?」
たまに食べたくなりますね。
ちょっと離れてるけど、あります。

おっちゃん「じゃあ、天一は?」
こってりラーメン天下一品ですね。
えーと。長野県にはないですね。

おっちゃん「え!!。。。ハワイ店はあるくせに。。。餃子の王将はあるよなあ」
えと。それもないですね。長野県には。
おっちゃんの心の拠り所、関西系B級グルメの店は少なそうです。
20060322193429.jpg
↓カレーせんに1票!↓
 

田舎暮らしの本「マンガでわかる家づくり」 



 夫婦は田舎で家を建てるつもりです。
 が、家作りについては、まだなんにも知りません。
 ちょっと気が早いですが、家づくりの本を借りてみました。
 「マンガでわかる家づくり」


 「月刊ハウジング」という住まいの総合情報誌の連載をまとめた本です。
 家ができるまでの悩みやトラブルを、
 なぜかハードボイルドな住宅探偵が解決していく。
 マンガで読みやすいのですが、内容はいたって深刻です。

家を建てるのって、大変そう
と思ってはいましたが、こんなに大変とは!

自分の理想の家を建てる。
いろいろ調べたり考えたり想像したりして、作り上げていくのはとても楽しそうです。
でも、まずハウスメーカーや設計事務所の選択から、ドアの種類やコンセントの位置まで、決めなくてはいけないことが山盛りです。
しかも限られた予算で。

ちびこ「中古買って、リフォームしようよ。そのほうがお金も時間も少なくてすむよ。」
おっちゃん「いやや。家建てたい。大変やけど楽しいってええやん。
それにしてもさあ、やたら気早いんちゃうか。まだ仕事決まってへんし。土地もないし。資金繰りも考えなあかんで。」
そういえば。まだまだ懸案事項がいっぱいです。
あ。しかもこれ田舎暮らしの本ではないですね。。

↓家を建てるは男のロマン?と思ったら1票!↓
 

田舎暮らし ちびこ母へ言ってみた 

きのう、たまたま、ちびことちびこ母の2人で食事をする機会がありました。
こりゃいい機会ということで、田舎暮らしのことを言ってみました。

母「そろそろ大阪に土地なりマンションなり買ったら?」
ちびこ「うーん。」
母「ん?大阪に住むんやろ?」
ちびこ「んー。長野に行こうかなと思ってんねん
母「あそう。ふーん。。。あ。これおいしいなあ」
っておい。流すんかい。

と、一回流されたのですが、小出しに住む場所や仕事のこと等々を聞かれ、
今までブログで書いたようなことをつらつらと話しました。

結果、
母「ちびこは好きなとこに住んで、好きなように生きたらええわ
もう嫁に行った子やし。あんたらが自分で決めたんやったら、なにゆうても聞けへんしな」
あきらめてます。今まで自分勝手にやってきたのでとっくにあきらめていたようです。

母「じゃあ、そこ拠点にしていろいろ遊びに行けるなあ。夏は涼しいやろ。
冬は温泉近いよなあ。遊びに行っていい?泊まっていい?」
うきうきです。

というわけで、ちょっとさみしいくらいあっさりと、ちびこ母からは了解いただきました。
20060318100605.jpg
↓パグに食わすくらいなら私が食べると思ったら1票!↓
 

田舎暮らしの場所<仮>決定!! 

田舎暮らしに向けて、加速することとなりまして、
そろそろ場所を決めなくてはなりません。
今まで保留にしていた地域は、松山、下関、米子、岡山、静岡、長野、松本、函館。

このなかで、雪あり、というと、
米子、長野、松本、函館。
この中で、地方都市まで車で30分以内の別荘地、という選択肢があるのは。。。

おっちゃん「長野。よかったなあ。」
ちびこ「うん。よかったねえ」
えーと米子は大山が近いですね。。。

おっちゃん「長野。いい感じの土地もあったしなあ」
で、函館は。。。

おっちゃん「長野。求人もありそうやねん。」
。。。

ちびこ「長野がいいねんな。じゃあ、決定。」
お「え?え?ちびこも長野がいいの?」
ち「うん。米子、長野、松本、函館やったらどこでもいい。どこでも一緒やから。」
ちょっと乱暴な言い方ですが、ちびこにとって特別な意味のある場所は生まれ育った大阪だけで、他はどこでも一緒だと思っています。
おっちゃんと、ちびこと、パグがいれば、どこでも第2の故郷になりうると思います。

おっちゃん「後で文句いいっこなしやで。2人で決めたんやで」
ちびこ「うん。ちびこも長野いいなあと思った。ただし、仕事が決まるまでは仮決定!
仕事が決まらない場合は、他の候補地にするか、決まるまで延期となります。

というわけで、まだまだですが、田舎暮らしの場所は長野市付近に決定しました!
20060315215919.jpg
↓いちいちごもっともなパグに1票!↓
 

田舎暮らしとPHS 



おっちゃん「これ、買ってくる。
なんですか?それ。
「ふふふ。発売時は品切れやったけど、最近出てきたから買ってくる。」
だから、なんですか?それ。
「WILLCOMのW-ZERO3。PHSで、PC
電話もメールもビジネス文書編集も無線LANでネットもできる。しかもキーボード内蔵。」

夫婦は、6年ほど前からPHS派です。その新機種。
ものすごくいいです。ミニミニPC音声通話付きってかんじで。

ちびこ「却下!!!!!あほか。
あほかって。。がんばって働いてるんだから、買ってもいいんじゃないですか。
「おっちゃんは田舎行くんちゃうの?今まで田舎でPHSが通じたことがありますか
高価な機種変更は、住む場所が決まってから。」

とっても馬鹿にされながらも使ってきた、愛するPHSともお別れかもしれません。。。
おっちゃん「えー。じゃあ、ドコモに変えよっかな。」
ちびこ「あかん。ドコモが弱い場所もあるやろ。」
電化製品を買いたくてしかたがないおっちゃんです。

携帯は住む場所が決まってから買い換えようと思います。
もしかして、家では携帯が通じないということもあるかも。かも?
DSC00029PHS.jpg
↓けっこうパグサイズ、と思ったら1票!↓
 

田舎暮らし 親にはいつ言うか 

田舎暮らしを本気で考えていることを、まだ親も兄弟もまったく知りません。
いつかは言うのですが、いつ言うべきなのか考え中です。

想像する反応は、基本反対。でも了承してくれる。と思います。
「やめとき、いうても聞かへんやろ。好きにしい。」と。

地元を離れての田舎暮らしって、親不孝な気がします。
夫婦は次男次女なので、同居することはないにしても、
たびたび行き来できる場所に住んでいて欲しい、と思いますよね。きっと。
今は元気な両親たちですが、今後はさらにそう思うことでしょう。
この不孝を薄らげるのは、自分たちが幸せに暮らす様子を伝えることかな、と思っています。
自分勝手な子供たちですね。。。

で、いつ言うか。
(1)田舎暮らしに興味がある。
(2)田舎暮らしをする。と決意する。
(3)仕事を決める。
(4)住居を決める。
(5)引越しする。

今は(2)です。
おっちゃん「仕事決まってから(3)のほうがいいんちゃう。いらん心配させんでええやん。」
確かに。そのほうが諦めがつきやすいですしね。
ちびこ「でもさあ、もう後戻りが難しい状況になってから言うのも悪くない?」
それも確かに。それは相談ではなく報告。さみしいですね。
相談すれば、思いもよらないアドバイスをもらえるかもしれません。

いつ言えばいいと思いますか?

20060310110615.jpg
↓パグのくせにもっともなことを言いよる。と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしと量的緩和の解除 

なんか時事ネタっぽいですな。

おっちゃん「なにをのんびりしとんねん。
そろそろ田舎暮らしの話、きっちり詰めていかなあかんで

なんでかというと、
・おっちゃんの仕事が、6月ごろに今後1年間のスケジュールが決まるので、転職するなら、その前に伝えなくてはいけない。
・その時期を逃すと、また1年間転職できない。
・おっちゃんは1歳追加で転職に不利。体力も落ちる。
・量的緩和の解除で、金利は上昇傾向。
・税金の優遇措置も減額傾向。
・景気回復とやらで地価は上昇。
・そして、2007年問題。
 そう、団塊の世代が定年退職し、田舎暮らしを始める人が増える。
というわけ。
おっちゃん「ほら、全部悪なる。」

ちびこ「いやいや。金利も地価も急上昇するわけではないし、
そんな急いでするもんでもないんちゃうの。」
おっちゃん「そうやけど、のんびりしてたら憧れだけで終わってしまうかもしれん。
今行かへん理由はないやろ。」
それはそうですね。

ということで、ちょっと加速することになりそうです。
20060310110607.jpg
↓思いついたら吉日言うやん。まあ、遊んだるけど。と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしは雪ありかなしか 



夫婦にとって雪は非日常的なもので、楽しいイメージです。
雪は、きれい。幻想的。遊べる。
でも、
雪かき。スリップ。冷たい。びちょびちょ。
住むとなると、デメリットが目立ちます。
家だって寒冷地仕様で高くなりそうです。

なにもわざわざ雪の積もるところに住まなくてもいいのでは。
でも、1回くらい雪の積もるところに住んでみたいかも。
とぐるぐる考えていましたが、そろそろ結論を。

雪ありにしますか。雪なしにしますか。
おっちゃん「雪ありで。薪ストーブ&雪景色!」
ちびこ「雪ありで。薪ストーブ&雪景色&挽きたてコーヒー!」
あんなに考えてたのに、決め手はイメージですか。。。
とにかく雪ありに決定しました。

DSC00025.jpg
↓犬のくせにおっさん座りをするな。と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしの本「田舎暮らしはもうたいへん」 



 ちょっと軽い田舎暮らし体験記など読みたいなと思って、
 図書館の書庫から出してもらいました。
 「田舎暮らしはもうたいへん」

 雑誌「田舎暮らしの本」の「奥様相談室」というコラムをまとめた本です。
 奥様の噂話っぽく、ご近所のちょと変な人話が多いです。

 著者の方が長野の別荘地に住んでいるので、
 別荘地に定住の暮らしぶりが少し見えました。

そこで、「それはムリかも」と思ったのは、虫の話です。
田舎暮らしは虫が大変そう。と、一応覚悟はしています。
でも、布団の下にびっしりハサミ虫がいたり、白いシーツが卵抱えたアリで真っ黒というのは、ちょっと。やりすぎ。。。


山の別荘地だからでしょうか。
家の建て方しだいでなんとかなるのでしょうか。
「たまにそういうことあるある。」レベルなのでしょうか。。。

そんな現場を見たら、どうしますか?
ちびこ「見えんかったことにして、お茶でも飲もかな。」
で?
「落ち着いたら、写真撮る。」
で?
「おっちゃん帰ってくるまで置いとく。」
おっちゃんは、ちびこよりそういうのだめでしょ。布団すてちゃうよ。

「うー。じゃあ、じゃあ、泣きながら掃除機で吸い取る
あ、ゴミが見えるサイクロン式の掃除機は買うのやめよ。
パック不要、ボタンを押すだけでゴミ捨て可能。って、きっと落ちへんよね。見たくないし。
ゴミパック触らんでもキュッと口がしまって、簡単に交換できる掃除機買お。
ナショナルのこれとか。どう?」

おっちゃん「妄想しすぎ!そして、いつの間に新しい掃除機買うことが決まっとんねん。」

↓サイクロン式掃除機、きっと田舎では売れへんな。と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしと手作り 

20060302220855.jpgちびこ「あー。しあわせ。」
今日もですか。
どうしました?
ちびこ「パンをね、作ったの。つじあやの聞きながら。
で、焼きたてパンでパスタランチ。」
それはまたゆるゆるですね。
おっちゃんはきりきり仕事しているとゆうのに!

さて、田舎では、お店が少ないと思います。
ということは、ふと、おいしいパンとかお菓子が食べたくなったら、気合一発、車に乗って買いに行かないといけません。
ちびこ「いや、そこまでせんでも。。。」
じゃあ、家でおいしく手作りできればいいですね。
自分で作れば5割増しおいしいし。
保存料とか入れなくてもいいし。

ということで、
ちびこ「お教室行く。1回くらいは習ってみたい。田舎行ったらあんまりないんちゃう?
えーっと、パンと、お菓子と、料理かなー。あとウクレレー。」
とかゆって、意外と近所に天然酵母のおいしいパン屋さん。あったりして。

20060302220903.jpg
↓「あ。」と言ったら即あきらめたパグ。わかってるやん。と思ったら1票!↓
 

田舎暮らしとインターネット 

DSC00022.jpgちびこ「あー。しあわせ。」
今日はゆるゆるですね。
どうしました?
ちびこ「お茶をね。買ってきたの。桜の香りがして、缶のラベルがかわいいの。ルピシアさくら焙じ茶
あ!もしかして田舎暮らしやと、こういうの気軽に買われへん?」

かもしれません。。。
と、HPを見ると、店舗は東京中心ですが、ネットで買えます。
大丈夫じゃん。
今更ながら、インターネットって便利です。

先日田舎暮らしに向けて、TSUTAYA DISCASlivedoor ぽすれん
DVD宅配レンタルの無料お試しをしてみました。
これは便利!です。
HPで、映画のデータ、口コミ、評価を見て、好きな2本を指定。
翌日郵便で届くので、見て、ポストに返却。
翌々日くらいには返却確認されるので、また指定。
と、映画漬けで見れば、1ヶ月の無料期間で15本はいけます。
ただ、ツタヤは古めのDVDは本数が少なく、なかなか借りたいDVDの在庫がないので、有料なら「ぽすれん」の方がよいです。

おっちゃん「引越し先にツタヤがなくてもやっていけるなあ」
ちびこ「でもー。お茶とかは香りを確認してから買いたい。田舎暮らししても、3ヶ月に1回は都会に行くっちゅうことで決定!」
おっちゃん「。。。。。。(何で勝手に決定!やねん。)」
20060301191752.jpg

20060301193648.jpg
↓そら食われへんで、パグよ。と思ったら1票!↓
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。