カテゴリー  [[家づくり]裏庭をつくる ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1個1トンの石 

0910石ちびこ「なぁ、この石、どうする??」
石。庭先に積んであるのです。
伐採の時に出たものを、業者さんが端っこに積んでいったものです。
やたらでかいので、人力では動かせなさそう。

おっちゃん「これは、ユンボ買うしかないな
。。。とりあえず、工務店に相談してみましょう。
最後の整地で重機が来る予定だし!
ついでに動かしてくれないかな~

工務店「あぁ。でかいね。1個1トンくらいあるんじゃない?大きい重機持ってこなけりゃ。」
石が大きすぎて、ついででは無理だと。。。

工務店「でもこれ良い石だよ。苔生えてくるから、欲しい人は買うような石だ。」
道沿いかアプローチに並べてそれっぽくすれば?とのご提案。
外構なんて、駐車場の砕石敷きしか予定になかったので、良いかもしれません。

して、それはおいくらで?
工務店「15万くらいみといてくれればできるよ。」
重機の運搬料、保険、2人×2、3日。
造園屋ではなく、基礎屋さんの格安料金だそうで。

ちなみに、
・造園屋さんに持って行ってもらう。
・埋める。
という案もありましたが、どちらにしても同じくらい金額がかかる。

15万円。
うちにはもう、そんな余裕はあるようなないような。。
今がんばってやってもらっちゃうのがいいのか。
とりあえず放っておいて、うやむやにしてしまうか。
迷い中です。

おっちゃん「いや、だからわしがユンボで!!!」
自家用じゃムリだってば。
1トンの石の重さを想像してみろ。
09101トン
10パグ。暑苦しい。。。でも、1パグ=10kgだから、これだと100kg。1トンっつーと100パグ。
石って重いんだ!! とパグ換算して初めて理解できたおっちゃんに一票!
スポンサーサイト

地元の山野草をもらう 

市役所からお手紙がきました。
税金とか??
と憂鬱な気分で開けてみると、
「山に新しく住むアナタへ。地元の山野草や木をさしあげましょう。育てなはれ。」
というありがたい趣旨。
うれしかったのは、木のリストにトチノキがあったこと。
庭でトチの実拾いができたらちょっと嬉しい。

受取期限が迫っていたので、
うきりうきりと指定場所へ行ってみたらば、民家の裏山。
おじぃちゃん「えーと、これがキキョウで、これはオミナエシ。」
うんうん♪
「こっちはなんだっけ。いろいろ混じってるけどまぁ地元の草だ。」
小さいポットに2,3種類の草が生えててなにがなにやら。。。

0811白樺ちびこ「で、木はどういう感じですか?乗用車に乗りますかね??」
おじぃちゃん「ああ。大丈夫だよ。ほら。」
まさかの、草レベル
←たぶんシラカバ。

ちびこ「あのぅ。トチノキもあるって書いてたんですケド。。」
おじぃ「トチノキね。。。ほらこれ持ってけ。」
と手渡されたのは、
トチの実
「埋めときゃ生えてくるかもな。」

0811山野草というわけで、正直若干期待ハズレだったけれど、
ありがたく山野草などを頂きました♪
とりあえず庭の隅っこに仮植え。
ちゃんと育ってくれるでしょうか。
0811むっちり
育ちすぎて10kgの大台に乗ってしまったパグにぽちっと1票!

裏庭の片付けと花回廊 

0505裏庭前工事現場見学に行くついでに、
毎回裏庭の手入れをしています。
枯れ木や下草の伐採を業者にお願いしたのは秋。
値段を安くしてもらうために、切りっぱなしでいい。
と言ったのは私。
後悔。。。sc070505裏庭後
枝をまとめて、下草(というか、小さい木)の残りを切って、
すっきり見えるまでには、大変な労力が必要でした。。。

でも、2時間がかりでこの成果→
写真の角度が違うのでわかりにくいかもしれませんが、
雰囲気良くなったなぁ♪と自己満足なのです。
おっちゃん「。。。毎日楽しそうでええのう。」
↑GWもびっちり仕事の人。

0501花回廊そんな仕事の人はほっといて、
善光寺花回廊というイベントを見に行ってきました。
善光寺までの表参道沿いの所々に、花でアートです。
0505山野草1社会人教室のフラダンスや
ゴスペルもあったりして、、
大人の文化祭のような感じ。
ほのぼの~。

山野草の寄せ植え→
裏庭には、きっとこういう花が似合う。

0505わしも一緒に
そろそろ昼間にお出かけできない時期ですね。
近所の子供「パグのくせにワンって言った!!」←パグは豚説支持派。
暑くてさらに豚度アップのパグにぽちっと1票。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。