カテゴリー  [[田舎暮らし準備中]始まり ]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしの良くないところ(都会育ちの心配) 

ちびこは、おっちゃんを思いとどませるべく、田舎暮らしの良くないところを並べてみました。

・仕事が少ない、収入が少ない!
・交通、買い物、病院なにかと不便で不十分
・自然の力が強すぎる(雪とか)
・虫が多い
・人付き合いが難しそう
・体力がいる
・こじゃれた店がない
・テレビのチャンネルが少ない
・新しいサービスの導入が遅い
・なんか遠い

ちびこは細かい。しかし、いいところより多いようです。
「細かいことが後々生活の不満になるの!」
ちびこの言うとおりかもしれません。

確かに、田舎から都会に来る人が多いのですから、一般的には都会の方が暮らしやすいということになりそうです。

おっちゃんはちびこの不安を一つづつ消していくことにしました。
もちろんおっちゃんだって不安でいっぱいです。

20060116180257.jpg

スポンサーサイト

田舎暮らしのいいところ(都会育ちの空想) 

おっちゃんは、ちびこをその気にするべく、田舎暮らしのいいところを並べてみました。

・土地が安い。
・庭で家庭菜園、ドックランができる。
・自然がいっぱい。空気もうまい。
・産地直食。鮮度抜群。
・人ごみ、渋滞、満員電車なし。
・生命力がつく。

なんてことでしょう!(ちびこはビフォーアフターもすき)
いいことだらけです!
どうよ。ちびこ。
「そらまさに楽園やなあ。
せやけどな、そんないいことばっかりやったらみんな田舎行くわ!あほ。」
ちびこ正論です。

明日はちびこの反論。
田舎暮らしの良くないところ(都会育ちの心配)を考えます。

ちなみに、この「田舎暮らしのいいところ(都会育ちの空想)」は、思いついたら随時追加されます。
そして田舎暮らしが実現した際には、実際のところと比較することと致します!
長期的プランですね。

20060116180239.jpg

田舎暮らし嫁への告白 

田舎暮らしを思いついたおっちゃんは、ちびこに告白しました。

田舎暮らしとかどう?」
「ええんちゃう?ちびこ田舎好き。」
ちょろい!ちびこは人生の楽園というテレビが大好きなのです。

でも、ちびこは気付いてしまいました。
「もしかして、退職後とかでなく、今すぐの話ですか?」
「仕事は?家は?場所は?田舎で住んだことないよ?????」
「いや、長野とかでさ、行ってみたらなんとかなるんちゃうかなあ、と思って。」

ぷっちり(ちびこは最近短気です)

「あほか。いろいろ考えてからやろ。っつか無理やろ。田舎暮らしなめんな!!」

明日からは順番にいろいろ考えることにします。。。

20060116180203.jpg

なんで田舎暮らし? 

田舎暮らしを夢見始めたきっかけの話。

夫婦は大阪という都会の一戸建てで生まれ育ち、
東京という大都会のマンションで生活していました。

30代も中盤にさしかかったおっちゃん(夫)は、「わしも家が建てたい」と思いました。
しかし大阪も東京も都会。土地が恐ろしく高いのです。
「はやりの狭小住宅や!」と狭小住宅の本を読みあさった。
しかし、都会。いかに狭小とはいえ、やっぱり高いのです。
ローンを返し続けるために働く人生なんていや。
「ほな郊外で!」でもでも満員電車で長距離通勤はいやなの。
「ほな、ほな。。。!(ぴこーん)田舎はどや!」というわけで、おっちゃんは田舎暮らしを夢見始めました。

明日はちびこ(嫁)を説得です。

20060116180143.jpg

田舎暮らしへの道 

今日が始まりです。初めてのブログ。緊張しますね。よろしくお願いします。

まずは、このブログで何をしたいか。
ちょいと前から「田舎暮らし」を思いついた夫婦は、情報をネットで検索しまくりました。
田舎暮らし実践者のブログは多くあって、田舎暮らしの現実を教えてくれます。
でも、「みんなどうゆうこと考えて移住を決めたの?」
「何を調べて、どの時点で移住を決定できたの?」
等々、田舎暮らし始めるまでの心の機微については、昔話だったり、日常生活だったりのためか、あまり書いていません。
「そこを知りたいねん!」と思った夫婦は、そういうブログを書くことにしました。

田舎暮らしが実現した際には、きっと誰かの参考になるはず。
という長期的策略のもとの始まりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。